わきが対策として気を付けたい食生活

わきがと食生活の関係

わきがと食生活はとても関係が深いと言われています。
どのような食生活によって、わきががひどくなるのかなど、わきがと食生活の関係を理解すると、わきが臭ケアに役立つのではないでしょうか。

わきがと食生活

生まれたときからアポクリン汗腺の数は決まっているので、わきが体質は食生活によって完治するというものではありません。
しかしわきがの臭いの軽減には食生活がとても関係していると言われています。食生活によってはわきが臭を強くすることもあり、また食べ物によってはわきが臭を軽減するものもあるのです。
その証拠にわきがの人のわきが臭は、時代とともに強くなってきていると言われているのです。

わきがに悪い食生活

アポクリン汗腺のもともと少ない人は、食生活特によってワキガ臭がほとんど感じなくなることもあります。
またアポクリン汗腺が多いタイプの人でも、食生活によってわきが臭が弱くなれば、完ぺきにケアすることも。
そこでわきがに悪い食生活をご紹介したいと思います。

脂身の多い肉、乳製品、揚げものなどの油料理、ファストフードやスナック菓子、即席麺などは特にわきが臭を強めると言われています。
これらをなるべく意識的に避けるようにしましょう。
しかしあまり脂分を摂取しないと皮膚膜が弱るので、適度に魚やオリーブオイルなどを摂取することも大切です。皮膚膜は皮膚細胞から出る臭いを抑える働きもあるので、体臭予防のためにも皮膚膜は健全に保つようにしましょう。

香辛料にも要注意

またアポクリン腺を刺激するものとして香辛料があります。
辛いものを食べると汗が出ますが、刺激物を食べるとアポクリン汗腺を活発にさせてしまいます。そのため辛いカレーやキムチなどは避けるようにしましょう。

酒とタバコも要注意

そしてお酒やタバコもわきが臭を強めてしまいます。特に短時間にわきが臭を強める原因にもなります。お酒はいわゆる酒臭さというアセトアルデヒドも含まれており、その上発汗作用も強いためアポクリン汗腺を刺激します。
タバコもニコチンの臭いもプラスされるとともに、アポクリン汗腺を刺激もするので、わきが臭は強まります。

食生活の改善

そのため食生活を改善することを考えることも大切です。
特に脂っこいものを酒、インスタント食品やファストフードも減らし、野菜を増やして魚中心の和食がおすすめです。
また暴飲暴食やタバコも避けるようにしたいものです。

特にわきが臭を抑える食べ物

わきが臭を抑える食べ物や、弱くする食品として一番に挙げられるのが梅干しです。
強いアルカリ性食品であり、脂質の中和効果もあると言われています。
ただし梅干しは塩分が強いので1日2個までとしましょう。

次にメカブがおすすめです。
メカブはデトックス効果がとても高いということで知られています。海藻はどれもデトックス効果が高く、ミネラルも豊富なアルカリ食品です。
メカブでなくても海藻を多く摂取したいものです。

次にお勧めなのが緑茶です。抗酸化作用が強く、消臭作用も高いと言われています。
カテキンだけでなくビタミンCやビタミンEも多く含まれ、臭いの減少に役立つと言われているのです。
他にもなす、しそ、そば、モロヘイヤ、パセリなどもおすすめです。

更新情報・お知らせ

2016/3/20
脇汗が臭いのは病気?わきが?NEW
2016/2/22
わきがは手術で治らない?完治しないのかUP
2016/2/5
わきがの人は耳垢が湿っている?
2016/1/18
わきがによる服の黄ばみの原因と対策予防

↑ PAGE TOP