脇が黄ばんでしまう原因と対策

わきがによる服の黄ばみの原因と対策予防

わきが汗は、どうしても黄ばみシミができやすいと言われています。白い服などは特に目立ってしまいますが、なかなか取れず困っているという人も結構いるようです。
そのため黄ばみの原因やその対処方を考えていきましょう。

わきが汗による黄ばみ成分

わきが汗は服に黄ばみを残してしまうと言われていますが、もちろん普通の汗でも黄ばみが残る場合もあります。
しかし特にわきがの場合は、汗の成分として水の他にアンモニアや脂質、糖質、タンパク質などが含まれているため黄ばみができてしまうのです。またリポフスチンとうい成分が特に黄色くしてしまうと言われています。

デオドラントが合わないことも

わきがの人に限らずデオドラントを使いだしてから、より黄ばみが気になったときにはデオドラントが自分の体質に合わないということもあります。
それによって化学反応を起こして黄ばみを作り出すこともあるので、その場合はデオドラントを替えてみるのもおすすめです。

しかしわきがの人は、せっかく臭いの面で満足できるデオドラントと出会って使っている場合は、逆に黄ばみを我慢して目立たない色の服を選ぶようにすることもおすすめです。

疲労やストレスを減らす

疲労やストレスによって代謝が低下すると、汗に必要以上に鉄分やミネラルが出てしまうこともあります。
それが黄ばみになることもあるので、できるだけストレス解消や疲労を溜めない努力をしましょう。
また緊張によって特にアポクリン汗腺からは粘りのある汗が出ることもあります。つまり汗の成分が多い汗なので、より黄ばみが気になります。
しかしこの黄ばみをあまり気にすることもストレスになるので、逆に黄ばみを気にしない色の服でおしゃれを工夫するのもおすすめです。

黄ばみの洗濯には

汗がついた服はすぐに洗うことが大切です。
特にわきがの人は臭いもあるので、重曹を使うようにしましょう。
熱めのお湯に重曹を溶かし、そこに1時間程度服を浸けておき、その後普通に洗濯をすると臭いも黄ばみもしっかり取れます。

黄ばみ対策

黄ばみ対策として、脂肪分の多い食品やインスタント食品などを避け、できるだけ和食中心にした食生活の改善も対策の1つです。
そして脇の下パットなどを使用するのも1つの手段となります。
しかし、それだけでなく、着る服をあまり黄ばみの目立たないものにしましょう。
例えば薄い色を着たときには少し色のあるものを羽織るなどもおすすめです。

光沢のある生地のものや、逆にザックリとした荒目のニットなどは目立ちにくいのでおすすめです。そして防臭のためにも洗濯のすぐできるものを選びましょう。
特に脇のシミや臭いは放っておくと取れなくなります。

更新情報・お知らせ

2016/3/20
脇汗が臭いのは病気?わきが?NEW
2016/2/22
わきがは手術で治らない?完治しないのかUP
2016/2/5
わきがの人は耳垢が湿っている?
2016/1/18
わきがによる服の黄ばみの原因と対策予防

↑ PAGE TOP